子供の教育で、子ども目線も大切です。

人間は生まれてから数多くのことを学びます。
PAGE LIST

教育とはどういった事なのか

子供の教育で、子ども目線も大切です。 人間は生まれてから数多くのことを学びます。教育とは一人前に育つためにありとあらゆることを教えることであり、それは勉強は勿論ですが人としての決まりや常識を教えるということでもあり、誰にどんな教育をされたかによって人格などにも影響してきます。人間以外の動物にも言えることですが、教育の基本は一人前に独り立ちすることができるようにすることです。そうは言っても何をもってして一人前になったのかというところは難しく、本人が一人前になったと思い込んでいても周りからみるとまだまだ未熟だと言われることもあり、学ぶことは生きている間はずっと続いていくこととも言えます。

一口に教育といっても、勉強を教えるだけではなくスポーツを教えたり人間関係の付き合い方を教えたりと教えるべきことや学ぶべきことはたくさんあります。日本では教育が義務とされており、中学校を卒業するまでは親や周りの大人が責任をもって子供を学ばせなくてはなりません。中学校以後は義務教育ではありませんが、まだまだ子供なので学ぶべきことはたくさんあります。学ぶ場所は学校だけではなく、職場で学ぶこともあり、学校では教えられなかったことも働く中で学んでいくこともあります。どのような教育を受けたいかを選ぶこともできるのが今の日本の良いところです。

関連サイト