子供の教育で、子ども目線も大切です。

学校に通っていれば授業を受けることで勉強することができます。
PAGE LIST

教育において予習重視か復習重視か

子供の教育で、子ども目線も大切です。 学校に通っていれば授業を受けることで勉強することができます。最も簡単なのは授業を聞いて全てを理解することです。しかし簡単にはいきません。そこで行うこととしてはまずは復習があります。その日の授業でわからなかったことを勉強しなおします。またわかったことも本当にわかっているかを確かめるために問題などを解いてみます。

教育の仕方としては復習重視か予習重視かがあるようです。授業のスピードが速いような場合は復習重視にしているようです。一回の授業で行う範囲が広く、予習をするのが大変なこともあります。では予習に関しては勉強する意味がないかがあります。一般の学校で授業を受けるなら決して予習が無用なわけではありません。

予習はまだ授業で行っていない部分について事前に勉強をします。教科書などに色々と記載されていますから、それを読むことが中心です。そして不明点などについては調べておきます。英語の授業の前に英単語を調べる、国語の授業の前に意味を調べておくなどがあるでしょう。その上で授業を受ければ単語がわからない、意味がわからないなどで勉強をストップさせることがありません。事前にわからないところを見つけておけば、授業でそれを解決できるようになります。

関連サイト