子供の教育で、子ども目線も大切です。

学校の授業などでは先生は色々な工夫をされます。
PAGE LIST

マインドマップを教育に取り入れる

子供の教育で、子ども目線も大切です。 学校の授業などでは先生は色々な工夫をされます。基本は教科書の内容に即してになりますが、あまりそればかりをしていても生徒が飽きてしまうことを知っています。ちょっとした雑談や豆知識などをちりばめながら授業をされる先生もいます。その場合必ずしも授業の内容とは関係のない部分が出てきます。でも将来的には覚えて損がなさそうなことです。

会社の会議などにおいてマインドマップの手法を使って議題を膨らませることがあります。中心となる議題からどんどん色々な意見を出していきます。一見つながりがないようなことでも、それを見るとどこかでつながるのがわかります。教育においてもマインドマップの手法を用いることがあります。ノートの取り方などにおいて使えることがあります。

先生がこのように黒板に書くことはありませんが、自分自身でこの手法を知っていればそれを参考に作るようにしてもいいかもしれません。基本の部分は先生が黒板に書くことです。その周りに黒板では書かれなかったちょっとしてポイントなどをメモ書きのようにつなげていきます。そうすると少しずつ関連性を見つけられるようになります。話を聞いているだけだとわからなかったことでも、マインドマップで書いていくことでわかるようになるかもしれません。

関連サイト