子供の教育で、子ども目線も大切です。

社会と言いますと暗記の科目と言われています。
PAGE LIST

数学の教育方法として定石問題に取り組む

子供の教育で、子ども目線も大切です。 社会と言いますと暗記の科目と言われています。確かに年号であったり、人物名、地域名、出来事などを覚える必要があります。それに対して数学はセンスと言われることがあります。理系人間、文系人間と分けられる場合に、自分自身は理系人間ではないから数学が苦手と感じている人がいます。中々数学の点数を伸ばせないような人です。

数学の教育方法としては社会に共通する部分もあります。つまりはきちんと理解して覚えることです。数学でよく出てくるのが公式です。そしてその公式を使って問題を解きます。同じ数字を使った問題が出ることはないでしょうが、数字を少しずつ変えて出されることはあります。公式を覚えておけば、ある程度は問題が解けるようになります。

公式をそのまま覚えたとしてもどのように使えばいいかがわからなければ使えません。覚える時は問題として覚えるようにします。この公式はどのような問いの時に使われるかなどを知っておきます。そうすると公式を使うシチュエーションがわかるようになってきます。日常的な勉強ではそれを繰り返しおこない、問題を丸ごと暗記するぐらいまで行うようにします。模擬試験などはそれを試す場です。上手く使えていればしっかり覚えている証拠です。